2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.09.19(Sat)

グラッ来るその前に! 耐震グッズで備えよう!

ここ数年、大きな地震が多いように感じるのは私だけでしょうか・・・。
もし、地震が起きてパソコンや液晶TVが倒れてしまったら、怖いですよね・・・。

故障の原因になるだけではなく、けがの原因にもなりかねません。
耐震グッズでおなじみの、液晶TVなどの下に敷くだけの耐震ゴムをはじめとして、
サンワダイレクトでは家庭でもオフィスでも使える本格的な耐震グッズを取りそろえています。


耐震グッズ


スポンサーサイト
06:12  |  サプライ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.07.27(Mon)

USBフラッシュメモリ+MicroSDHCカードリーダ

0727.jpg

USBのフラッシュメモリー、ついでの際に買って、それほど使わないうちに人にあげてしまう。
気がついたら手持ちが無い。さて今度は何を買うかな?

SDカードのUSBタイプ・カードリーダー。携帯用の予備に買ったMicroSDHCの4GBを読んでくれない。ゴミと化してしまった。このMicroSDHCも活かしたいし、さて今度は何を買うかな?

良いのがありました^^

SILICON POWER ULTIMA 155 USB2.0フラッシュメモリ(microSDHCカードリーダー機能搭載)なるものを見つけた。メモリ容量は2GB、4GB、8GBがある。

4GBを購入し、手持ち4GBのMicroSDHCを差せば合わせて8GB。通常使用は問題なしということで決定。

メモリ価格の下落、これからも進みます。
必用なときに必要なモノだけ買うように心がけましょう!(悔い改めま~す^^;)







20:51  |  サプライ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2007.01.13(Sat)

CD-Rのデータは消えるのです。いつかは・・・



昨日も livedoor のPJニュースで「要注意!CD-Rのデータは消えることも!」という記事が載っていた。5年間保存していたCD-Rのデーターが開けなくなってしまったという実話。
もちろん保管は直射日光や高温多湿の問題のある場所ではなかったとのこと。
みなさんは大丈夫かな?

CD-Rのデーター面は、有機色素が塗布された薄膜に、高出力のレーザー光線を当て、化学変化を起こす事でデジタルデーターを記録している。
データー面は、太陽誘電が実用化したシアニン色素(青緑色)、三井化学が実用化したフタロシアニン色素(ほぼ透明)、三菱化学が実用化したアゾ色素(青色)の3種類があります。
耐光剤が含まれてはいても、安売りされているモノは膜が薄く、保ちが悪いということもあるようです。

一般的に登場したのは1997年だったと思う。
ぼくはそれ以前から、松下電器産業のPD(相変化記録ディスク)を使っていたため、CD-Rを使うようになったのは遅く、1998年暮れにTEACのCD-R55SKBという、4倍速書き込みのドライブを購入(当時44,000円)してからCD-Rを使うようになった。

当時のパソコン雑誌には、CD-Rの寿命は正確にはわからないと記載されていた。
保存状態が良ければ100年以上は保つだろうと。そして100年もしないうちに、次から次へと記録媒体は変わっていくだろうと。

その通り、今はCD-RからDVDに記録媒体が変わり、ブルーレイへと繋がっていく。
むかし使っていた5インチのディスクは影も形もなくなり、3.5インチのフロッピーディスクも姿を消そうとしている。

古いアルバムの写真を、1枚1枚、丁寧にスキャナーで読み取り、せっかく焼いたCD-Rが5年もしないうちに消えてしまうなんて、思ってもいないでしょうね。
でもそういうことも有り得るのです。

保存に関しては、なるべく一定の温度の直射日光の当たらない場所で、プラスチック製のCDケースに入れて保管するというのがセオリーですが、それを守っていても何年保つのかわからないのです。

ぼくはそうしていましたが、大事なCD-Rは必ず閲覧用と保管用で2枚焼きます。閲覧用はデスクサイドのCDラックに入れ、保管用は箱に入れて押し入れの中です。
当初の予定では、5年ごとに焼き直しをするという考えでいましたが、状況が変わってしまいましたね。

今ではCD-Rに焼くには枚数がかさみ面倒ですし、かといってDVDに焼くよりもハードディスクに保存したほうが、安上がりだし、しかもデーターが消える心配が極めて少ない。
ということで、いまは大事なデーターをハードディスクに保存しています。
1台がパンクしても対応できるように、2台のハードディスクに保存。
これでたぶん、安心かな?

そうなるようになったのは、他にも理由があるのです。
CD-Rに焼いてあるもんだと思いこんで、ハードディスクのデーターを消してしまったことがある。
こういうときに限って仕事が速く、消したあとにデフラグをかけ、違うデータを入れてしまったものだから復活も効かない。
一通り仕事が終わって、あれっ?データーの入ったCD-Rはどこっ~?て、探してみたって有るわけがない。焼いていないんだから・・・(>_<)

大切なデーター、気をつかって、お金を使って、大事にしてくださいね。
19:23  |  サプライ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2007.01.07(Sun)

フラッシュメモリについて思うこと



miniSDカード、microSDカード、SDカードの値段がもの凄く安くなっています。
現在、1GBで2千円以下。 2GBで3千円以下に突入です。
携帯電話用の需要があるからでしょう。
需要があれば価格競争も生まれ、値段も安くなる。

昨年の春、1GBのminiSDが6千円を切ったとき、安くなったなーと2枚購入したけれど、その後も順調に価格が下がってきている。

2GBのメモリでも、1眼レフデジカメで使われるコンパクトフラッシュは6千円以下が登場。メモリースティックは6千円ちょっと。手持ちのコンパクトデジカメで使っているxDピクチャーカードは8千円以上する。
ちなみに使用する機器がほとんど流通していない、スマートメディアは128MBで6千円以上もする。まだスマートメディア(SM)、使っている人いますか?
19:15  |  サプライ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。