2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2007.11.06(Tue)

Google Earth のフライトシミュレーターで富士山登頂

先日のニュースの中に、オーストラリア北部特別地域(Australia's Northern Territory)のアリススプリングズ(Alice Springs)とダーウィン(Darwin)を結ぶスチュワートハイウエー(Stuart Highway)沿いのウィクリフウェル(Wycliffe Well)が、UFOや地球外生命体のメッカとして評判を呼んでいるという記事があった。
UFOが大好きなもんで、Google Earthでどんな地域かを見に行ったついでに、Google Earth のフライトシミュレーターで空の散歩を楽しむ。

最初はウィクリフウェルを上空から眺め、オーストラリアと言えば有名なエアーズロックまでセスナで飛んでみることにした。ところがさすがにオーストラリアはでかい。途中でわざと墜落させ、F-16で飛行を再開。「大地のヘソ」と言われるエアーズロックはウィキペディアに南緯25度23分、東経131度5分と書かれているので迷うことなく飛ぶことが出来た。
ここまで来たら『世界最大の1枚岩』と呼ばれる西オーストラリアのマウント・オーガスタスにも行ってみたくなる。それで進路を西に取り63分かかってマウント・オーガスタスに到着。

ここで変なことを思いつく。

マウント・オーガスタスの近くに着陸。そのまま低速でマウント・オーガスタスの登頂、横断を試みる。難なく出来る・・・面白くない・・・で、今度は富士山に挑戦!

問題はF-16での着陸。初めは富士山の西側からチャレンジしてみたがクラッシュの連続。仕方なく南から攻めてみる。駿河湾から沼津市に着陸し、そのままF-16を走らせて富士山へ。

1106a.jpg

Google Earth のフライトシミュレーターはセスナ(SR22)もF-16ももの凄く頑丈?に出来ている。一度着陸してしまえば、どこにでも走っていける。で、その証明画像。

1106b.jpg

これ、富士山山頂付近の画像。富士山は標高3,776メートルなので12,421フィートになりますから、まあまあでしょう。緯度・経度で調べると北側の淵みたいですが・・・

尚、昇っていく途中の画面ですが、きっと視界が悪いのでしょう・・・。真っ暗~真っ白~真っ赤と変わっていきます。でもしっかり高度計の数字が上がっていく。

1106c.jpg

富士山頂から西側(毛無山方面)を望む。
で、ちょっと舵を南に取り、そのままほっておいたら・・・海面も走っていました。

1106d.jpg

以前走らせたときにはクラッシュしたのだけれど、今回は大丈夫みたい。
で、おもいっきり海上で方向転換。

1106e.jpg

今度は南斜面から攻めてみます。

1106f.jpg

再度、山頂付近から下界を見下ろす(山頂からちょっと外れてしまいました)。

1106g.jpg

この記事を書きながらF-16には走ってもらうことにしました。富士山から北へ進路を取らせ、海を越えて北海道まで走らせてみます。

結論

Google Earth のフライトシミュレーターは・・・じつはどんな所でも走破可能な万能スポーツカー?(ただし舵取りは難しい)なのでありました。


Google Earth

フライト シミュレータのキーボード操作

スポンサーサイト
02:10  |  ソフト  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pcmylife.blog98.fc2.com/tb.php/1147-da975b2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。