2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.10.28(Tue)

WINDOWSのInstaller内の不要ファイル mspで、HDDギブアップ

1028a.jpg

あまり行き来のない姪からHELPがあった。
富士通のノート(FMVNB50M)を使っているのだが、動きが遅くて何も出来ないという。調べてみたらいつの間にかCドライブの空きが無くなってしまったとのこと。
パソコンには詳しくないので、行ってきました。

ハードディスクは80GBをCとDで半分に仕切ってあるんだけれど、なんとCドライブの空きが250MBほど。ビックリ!!!

FileSumで中の使用量を見てみたら、\WINDOWS\Installerだけで19GB強を使用している。
檀家では誰も使っていないLive Messengeを使っているのだが、なにやら調べてみるとWindows Live Messenger でも余計なファイルが作られるとのこと。だけれど、そんな半端なサイズじゃない。
ほとんどはmspファイル。

これも調べるとWindows Installerでインストールしたプログラムの情報等で、レジストリ情報も含まれていることもあるので、おいそれと消すことは出来ないとある。しかし邪魔!

タイムスタンプで1年以上前のファイルだけ削除し、ほかに不要なソフトを削除して使用率50%を確保した。何か不具合が出ればその時に対処すれば良いこと。楽に考えましょう^^

ついでにパーティーションをづらそうとPartition Magicでサイズ変更を試みたが失敗。他の書き込みにもあるerror 1555 internal file number does not match positionが出て、結果的にDドライブのサイズが半分になり、後ろの約20GBが死んでしまった。フォーマットもサイズ変更も何も出来ない・・・トホホ。Cドライブに影響がなかったのは幸いだったが・・・

今は無きPowerQuest社のPartitionMagicを調べるとエラー1555とは、NTFS診断エラーで内部のファイル数がポジションと一致しないと言うことらしい。???。打開策は問題の起きているパーティションに対し CHKDSK /F を行いファイルシステムの問題を修正してくれって書いてあった。
やってはみたが、ダメだった。

このFMVNB50M以外、富士通のパソコン?だけかどうかは知らないけれど、通常Dドライブは論理パーティーションだと思うのだけれど、Cドライブ同様基本パーティーションになっている。この点に関してはワシャ知らん・・・。そのせいでエラーが出たのかどうかは判らないけれど、メーカーによるとパーティーションサイズの変更は正規のリカバリ時点でのみ可能とのこと。
当然、リカバリ=全データーが消去されるワケだから、これはデーターがいっぱいなパソコンにとって大変な作業になる。

結果的には後ろの死んだ20GBは別なソフトを使って無事にDの一部として復活することが出来た。恐るべしフリーソフト・・・EASEUS Partition Manager

このEASEUS Partition Manager、家庭内利用のみフリーというavast! 4 Homeみたいな感じで使えるソフトだが、PartitionMagic同様、Windows上から直接利用できるのが楽。表示は日本語ではないが、直感的に簡単に使えるのはうれしい。

ちなみにこのEASEUSという会社、完全クローン可能なフリーソフト「EASEUS Disk Copy」というモノもある。なかなか素敵な会社である^^

1028b.jpg


スポンサーサイト
21:56  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pcmylife.blog98.fc2.com/tb.php/1191-5f30ed59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。