2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2013.07.10(Wed)

“さよならロータス1-2-3”って、勝手に終わらさないで!!

Lotus0709.jpg

日本IBMから発売されている「Lotus 1-2-3(ロータス1-2-3)」が、2013年6月11日で営業活動を終了。来年の2014年9月30日にサポートを終了することが明らかにされました。

対象となるのは、「IBM Lotus 1-2-3 Millennium Edition」「IBM Lotus SmartSuite」「Organizer」の3製品。

おやおやっ・・・って予想通りですが・・・
“さよならロータス1-2-3”ってニュースが流れていたけれど、使い方次第でまだまだ大丈夫ですよ~^^

ロータスのアプリ、まだけっこう使っている人は居ると思います。「Lotus Super Office」もOS的にはWindows XP以降の製品には対応していなかったらしいですが、ロータス1-2-3が出たときから(当然「MS-DOS」の時代ですが)使っていた僕としては「Microsoft Excel」の前身である「Microsoft Multiplan」に馴染めず、ずぅっとそのまま1-2-3を使い続けている。もちろん他とのコミュニケーションが必要なためエクセルも仕方なく使ってはいるが、古~い人間ですから、個人的なデーターに関してはまだまだ1-2-3。このままずうっと1-2-3。

「Lotus Super Office」は順当にバージョンアップはしてきましたが、使うのは1-2-3とOrganizer。
個人的なメモが主流なのでこの二つのソフトだけで十分なのでした。チャン!チャンっと!!


ちなみに以下はIBMのHPより

Lotus 1-2-3

データを保存、分析、表示、および共有するための表計算ソフトウェア


IBM® Lotus® 1-2-3® は、大容量データ・セットの保存、分析、表示、および共有を支援する表計算ソフトウェアです。Web やサード・パーティー・アプリケーションと連携するため、表計算データを日常のビジネス・プロセスに統合できます。直感的なインターフェースやデータ入力ツール、および Microsoft Excel ユーザー向け組み込みサポートを備え、容易に習得できる使いやすいソフトウェアとなっています。

Lotus 1-2-3 には以下のような特長があります。

・操作のスピードと正確性を向上させるデータ入力ツール。
・HTML ベースの文書やデータを共有するための Web との即時統合。
・Microsoft Excel ユーザーが既存の表計算スキルを利用して生産性向上を迅速に達成できる Microsoft Excel ユーザー向け組み込みサポート。
・日常のビジネス・プロセスの簡素化に役立つサード・パーティー・アプリケーションとのファイル交換。


データ入力ツール

・SmartLabels 機能を使用して、ユーザーが入力した多数の事前定義用語 (「合計」や「平均」など) によりデータを自動計算したり、ユーザー独自のカスタマイズ用語やカスタマイズ式を作成したりできます。
・SmartFill 機能により、ユーザーが入力した最初の数文字を基に入力が予測され、入力が自動的に完了します。
・ワークシート全体、行の高さ、および列の幅を移動およびコピーすることにより、設定時間を短縮できます。
・事前に作成された表計算テンプレートを利用して、ローン決済の確定や経費報告書の作成などの一般的な計算を行うことができます。
・セルまたはセル範囲に入力できるデータのタイプを制限する条件を指定して、正確性を確保することができます。


Web との即時統合

・Web 表機能を使用して HTML ページからデータをインポートできます。例えば、Web サイトから最新の株価情報を取得し、それを投資表計算に取り込んで即時分析を行う場合などです。
・表計算データを HTML 文書に変換し、Web 経由でデータを共有できます。変換では、セルの色、フォーマット、指定された範囲、および完全な数値データ (例えば、3.14 ではなく 3.14159265 など) などの情報は維持されます。
・Publishing Assistant を使用して、指定したコンテンツのみを Web に公開できます。ワークブック全体、特定のページ、または選択されたデータ範囲を選択し、Web 出力できます。
・Web ブラウザーのデータを解析済み HTML 表として切り取り、Web 上で適切に表示されるようにします。
・ユーザーが表計算の内容にクリックでアクセスできるように、表計算または表計算の一部にハイパーテキスト・リンクを割り当てることができます。


Microsoft Excel ユーザー向け組み込みサポート

・Excel ファイルとの互換性を保つ拡張フィルターを使用して、Excel のテキスト、数値、式、書式設定、描画、およびグラフを読み書きできます。
・Excel で使用される式と互換性のある @Functions コマンドを使用して、式をカスタマイズできます。
・Excel Menu Finder を使用して、一般的な Excel コマンドを選択し、それと同等の Lotus 1-2-3 コマンドの名前を表示できます。


サード・パーティー・アプリケーションとのファイル交換

・Microsoft Internet Explorer または IBM Lotus Notes® などのサード・パーティー・アプリケーションで、表計算を起動および編集できます。
・カスタム・ビジネス・プロセス作成時の柔軟性を高める ActiveX コントロールが組み込まれ、自動化されています。
・音声によってアクティブ化される SmartMaster テンプレートを IBM ViaVoice® ソフトウェアと共に使用することにより、ボイス・コマンドを使用してタスクを開始できます。



スポンサーサイト
21:54  |  パソコンニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pcmylife.blog98.fc2.com/tb.php/1248-208d53d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。