2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2017.06.10(Sat)

iPhoneのバックアップをパソコンに保存する場合のお助けHP

アップルは1992年に発売されたディスプレイ一体型のPerfomaを触ったときから嫌いなのだが、その理由は「箱から出したらすぐに使える」利便性とは裏腹に、Mac OSのカスタマイズが難しい点が好きになれなかった。

ハードもソフトも押しつけ的な姿勢が見られ、それ故、アップルの製品に対しては拒絶反応が芽生え、使う気にもなれないし、判ろうともしないメーカーとなってしまった。

檀家の中にはWindowsマシンでもiTunesを入れて音楽を楽しんでいるメンバーもいるが、iTunes もApple製品故に嫌いなソフトであり、使用上の問題があってもフォローはしていない。

今回も檀家の一人がiPhoneのバックアップをパソコンに保存し、パソコン自体の動作が重くなったと泣きついてきたので、マシンを預かって見るだけ見てみた。
Cドライブは120GBのHDDを積んでいたが、iPhoneのバックアップで約90GBが取られ、空き容量が無くなっていた。動きたくても動かせないせっぱ詰まった状況だった。

バックアップ先は C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync に自動的に入るのだが、ソフト側で保存先の変更が簡単にできない、ショボイ、ダサイ、横着で偉そうなソフトである。

新しいiPhoneのバックアップを取りたいのなら、使っているパソコンも新調して、パワーのあるマシンに変えなさいと・・・、暗に言っているようで、頭に来るだけである。

iPhoneを使い続ける檀家用に、バックアップの仕方が懇切丁寧に書かれているHPをメモっておく。
「ソフトを使ったバックアップ先の変更方法」と「コマンドプロンプトを使ったバックアップ先の変更方法」の2種類のやり方が図解入りでわかりやすくまとめられている。
必要なときにはこれに頼るしかないでしょう。


スポンサーサイト
23:29  |  パソコンニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pcmylife.blog98.fc2.com/tb.php/1261-435e0c01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。