2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2007.05.05(Sat)

[ZDNet Japan] 日本全体が7m20cmの本で埋め尽くされる!--2010年のデータ量を試算したIDC

Vista搭載+19型ワイド液晶+3年間保証【送料込】Vista Home Premium搭載!Core2Duoプロセッサ...

 「EMC本社の所在地となる米国マサチューセッツ州の面積は21万4550平方キロメートルで、日本の約57%の広さ。本1冊分のデータ量を約1Mバイトとした場合、2006年に生成されたデータ量1610憶Gバイトをマサチューセッツ州に並べると、高さが2m31cmとなる。2010年には、データ量が現在の6倍以上の9880憶Gバイトに達し、マサチューセッツ州全体が高さ12m6cmの本で埋め尽くされる。これを日本の面積に置き換えた場合でも、本の高さは7m20cmに達することになる」--EMCジャパン 執行役員 マーケティング 兼 パートナーアライアンス統括本部長の古谷幹則氏は、米調査会社IDCの調査結果を基に、増え続けるデータ量への警鐘を鳴らした。

 現時点のデータ量1610憶Gバイトは、161エクサバイトと言い換えることもできる。1エクサバイトとは1000ペタバイトのことだ。5エクサバイト分が、これまでの人類の会話の全単語に相当するという。

 この調査は、「膨張し続けるデジタル宇宙」と題したもので、EMCがスポンサーとなってIDCが実施した。調査によると、データ量の年平均成長率は57%。同時にストレージの価格も急落しており、1990年の時点では1Gバイトあたり2万ドルだったストレージの単価が、2000年には250ドルに、2005年には20ドルにまで下落した。このコスト効果は125倍以上で、「プロセッサ以上の進化を遂げている」と古谷氏。また、ハードディスクの小型化も進み、「数年前は1テラバイトのハードディスクは巨大な装置でしか実現できていなかったが、2007年には3.5インチで1テラバイトのハードディスクが登場する」と古谷氏は話す...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)



スポンサーサイト
11:07  |  周辺機器  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pcmylife.blog98.fc2.com/tb.php/214-6785fbaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。