2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2007.05.05(Sat)

Microsoft、BIOS 改変による不正ライセンス取得は脅威ではない

Core2Extreme/Core2Duoをサポート!GIGABYTE製 MicroATXベアボーン■ME-B01■Core2対応■新品未...
海賊版ソフトウェアやクラッカーには、断固とした姿勢で応じる Microsoft (NASDAQ:MSFT) だが、現在にわかに注目を集めているクラック手法については、あまり大きな問題と捉えていないようだ。

Microsoft の OS 製品『Windows』のライセンス有効化メカニズムとして、『OEM Activation』(OA) があり、これを悪用するクラック手法がその変種を含めて複数存在する。しかし、同社『Windows Genuine Advantage』(WGA) グループの Alex Kochis 氏によれば、Microsoftは「当社の顧客、パートナー、そして製品に脅威を与えるクラック」対応に余力を残すため、OA クラック対策の優先度は高くないという。

このクラック手法が、Kochis 氏の言うクラック手法と同格の扱いを受けないのは、簡単に規模が拡大しないことと、そのためにチャネル パートナーの事業を脅かさないからだと、同氏は Blog で明かした。また、Microsoftは「Windows のクラックを試みる全ての『マッド サイエンティスト』を止めようとしているわけではない」とも述べた。

OA クラックとは、OEM メーカーがマザーボードの BIOS に組み込んだマーカーを悪用し、不正にライセンスを有効化する手法だ。このマーカーは、大規模 OEM メーカーと小売チャンネル パートナーが、Microsoft のソフトウェアを認証する際の手間を減らすために存在する。

OA の仕組みは、Windows が BIOS 内のマーカーを見つけると、そのパソコンは特定の OEM が製造し、Windows を起動するライセンスを取得済みだと認識するというものだ...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070416-00000005-inet-inet)



スポンサーサイト
16:27  |  周辺機器  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pcmylife.blog98.fc2.com/tb.php/216-69687418
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。