2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2007.06.18(Mon)

小規模/大規模への二極化――Interopで気になるセキュリティアプライアンス

Windows Me UP製品版★新品未開封
 13日より開催中の「Interop Tokyo 2007」では、300社以上の企業が一堂に会し、さまざまな製品の紹介やデモンストレーションを実施している。ここでは、セキュリティアプライアンスで気になる製品を中心にピックアップして紹介する。

【他の画像が掲載された記事】

 アプライアンス関連でまず目を引いたのは、アレイ・ネットワークスの「Array SiteDirect」。これは、同社のSSL VPNアプライアンス「SPXシリーズ」のオプションとなる製品で、SSL VPN通信によってサイト間の接続を実現する。例えば、ユーザー企業、パートナーとの接続や、本社-支店間の接続などに用いられる。従来のIPsec VPNによる接続とは異なり、特定のリソース(サブネットやサーバ、アプリケーションなど)に絞って公開できることが大きな特徴。内部ネットワークのアドレス体系を露出することなく、公開すべきリソースに対してきめ細やかな制御が行えるという。

 またUTMアプライアンスでは、ソニックウォールの「TotalSecure」(TZ180)と、シスコシステムズの「ASA 5505 適応型セキュリティアプライアンス 8.0」の2製品が、Interopの「Best of Show Award」にノミネート、ASA 5505は、Awardネットワークセキュリティ製品部門で特別賞を獲得した。いずれもSOHOなどの小規模なビジネス環境から50名前後の小企業が対象。これらが評価されたことは、統合型セキュリティアプライアンスが小企業に対してより訴求することを裏付けている...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



スポンサーサイト
11:15  |  周辺機器  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pcmylife.blog98.fc2.com/tb.php/582-aaa85543
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。