2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2007.06.28(Thu)

[CNET Japan] 2007年秋にも免許が交付されるモバイルWiMAX、ユーザーにはどんな恩恵が?

三菱 DVDコンボ搭載 apricot AL 1.13G 1ヶ月保証 (D47)
 総務省は2007年秋にも、モバイルWiMAXと呼ばれる高速移動通信技術を使ったサービスを提供する事業者に2.5GHz帯の免許を割り当てる方針だ。現在第3世代携帯電話サービス(3G)を提供している事業者が対象とならないため、NTTドコモやKDDIが反発している。 このモバイルWiMAXは、広帯域の周波数を利用するため大容量のデータ通信が可能になること、またIPベースのため既存の電話通信網よりもネットワーク構築コストを下げられることから注目されている。 その一方で、利用する周波数帯が2.5GHz帯と高いことから建物の陰などでは電波が届きにくく、その有効性に疑問を唱える専門家もいる。 はたして、モバイルWiMAXはユーザーにどんな恩恵をもたらすのだろうか。WiMAX関連機器を製造するNokia Siemens Networksのアジアパシフィック地域技術長で、日本市場に詳しいMichael Murphy氏に話を聞いた。 WiMAXは開けた土地ほどその恩恵は大きい。たとえばインドや中国のように大陸が広く、固定通信網が引きにくい場所でも、無線であれば簡単にブロードバンド回線が引ける。こういった国に比べると日本でのニーズは低い、とMurphy氏は話す。ただしそれは、十分な周波数がある場合の話だ。 実際、日本では都市部を中心に携帯電話の周波数がひっ迫している。ユーザーが密集し、しかも楽曲や動画など大容量データをやりとりするためだ。モバイルWiMAXによって新たな周波数が利用できるようになれば、その分通信事業者はより多くのサービスを展開できるようになる...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)



スポンサーサイト
03:38  |  周辺機器  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pcmylife.blog98.fc2.com/tb.php/606-6c321522
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。