2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2007.07.19(Thu)

「iPhone」の脆弱性を発見せよ--ハッカーと研究者の競争

BUFFALO★AG133-256M★DIMM 256M PC133 CL3▲VS133-256M互換
 Appleがハッキングに対抗するだけのセキュリティを備えていると主張していた「iPhone」が発売され、これを肯定もしくは否定しようと、同製品の安全性に挑戦する動きも活発になってきた。

 このところ犯罪者も研究者も、iPhoneのハードウェアやオペレーティングシステムの仕組みを解明しようと、作業に打ち込む日々が続いている。複数の研究者が、BluetoothやiPhone版Safariに関する脆弱性をAppleにひそかに進言した一方で、単なる楽しみや利益のためにiPhoneをハッキングする手法も、(アンダーグラウンドではあるものの)公にされつつある。

 あるアンダーグラウンドサイトは、iPhoneに搭載された「Macintosh OS X」におけるDisk Copyのディスクイメージファイルから情報を集めている。同サイトは現時点までに、UNIXプログラムや「Full Disclosure」メーリングリストの力を借りて、iPhoneの暗号化済みパスワードとルートアカウントを割り出した。もっともiPhoneにはコンソールもしくはターミナルがないため、今のところこうした情報を悪用することはできない。どちらも事前に設定されたパスワードは6文字で、すべて小文字だという。これらのパスワードは、初期のOSビルドが使っていた「遺物」であり、iPhoneとはなんの関係もないと示唆されている。

 活動に協力しているユーザーは、(潜在的な脆弱性を探るために)ディスクイメージを調べるだけではなく、サービスアクティベーションのコードを割り出し、iPhoneのAT&T利用制約を解除して、サードパーティのアプリケーションを動かしたり、iPhoneをモデムとして使用したりしたいと考えているため、この種の情報を収集することにしたと、同サイトにはその目的が説明されていた...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



スポンサーサイト
10:06  |  周辺機器  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pcmylife.blog98.fc2.com/tb.php/701-7100607b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。