2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2007.07.20(Fri)

[特集]無線LAN搭載で突入するカメラの「新世紀」、一体何が起きる?

FLORA310W DA3-HL/PL(256MB.XP)
――借りモノレビュー、ニコン「COOLPIX S50c」

 ニコンが4月25日に発売した「COOLPIX S50c」は、今流行の「全部入り」のコンパクトデジカメだ。薄型ボディに、「光学式手ブレ補正」「顔認識AF」「ISO1600の高感度撮影」と、コンパクトデジタルカメラで必要とされている機能が一通り盛り込まれている。さらに特徴的なのは無線LAN機能を内蔵していること。カメラに無線LANを搭載すると、一体どんなことが起きるのか? 実際に使って体験してみた。

【写真・作例】

●無線LAN機能の搭載にこだわってきたニコン

 ニコンはコンパクトデジカメに無線LAN通信機能を世界で初めて搭載したメーカーだ。05年に発売した「COOLPIX P1/P2」を第1弾として、薄型で使用時にレンズが繰り出さないフラットボディを採用した「COOLPIX S」シリーズで「S6」、「S7c」にIEEE 802.11b/g規格準拠の無線LAN通信機能を搭載。機種の世代が進むごとに使い勝手を確実に進化させてきた。

 「S6」では、パソコンを経由せずに直接プリンタとつなげてプリントできるのが最大の特徴だったが、そのためにはプリンタのUSBポートに、別売のアダプターをつなげておく必要があり、無線のメリットを十分に生かし切れているとは言い難かった。

 続く「S7c」では、「S6」の機能に加え、「COOLPIX CONNECT」というオンラインのフォトアルバムサービスを開始して用途を広げた。これによって、外出先からでもソフトバンクテレコムの公衆無線LANサービス「BBモバイルポイント」経由で、カメラから直接、撮影した画像をオンラインアルバムに転送できるようになった...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



スポンサーサイト
02:31  |  周辺機器  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pcmylife.blog98.fc2.com/tb.php/703-a0f15bd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。