2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2007.07.22(Sun)

エコでおしゃれな電気オートバイ『Enertia』

Pentium4★3.2GHz★FSB800MHz★Socket478★Prescott★SL7E5★【連続SA0723】
Jose Fermoso 2007年07月13日車を使う友人より、燃費のいいオートバイに乗っている自分の方が環境にいいことをしていると思っているなら、もう一度考え直した方がいいかもしれない。オレゴン州にある特殊車両メーカー、米Brammo社によると、最近のオートバイの多くは「単位距離あたりで比較すると、平均的な新車の15倍もの排気ガスを出している」のだそうだ。こうした状況を受け、Brammo社では先頃、『Enertia』という名の面白い電気オートバイを完成させた。現在の性能では、充電時間3時間で最高時速は80キロメートル、走行可能距離は約72キロメートル程度だが、移動距離の短い都市部に住み、懐具合に余裕があれば、通勤には十分利用できるかもしれない。この条件では、実際に使えるのはニューヨークやサンフランシスコの市内に限られそうだが、Enertiaがかなりクールな乗り物であることは否定できない。このバイクの車体は炭素繊維でできていて、軽量で小回りがきく。電源には6個のリン酸リチウム・バッテリーを積んでいる。言うまでもなく、排気ガスをまったく出さないこのバイクと普通の車とでは、二酸化炭素排出量に雲泥の差がある。Enertiaが走る様子は、下のビデオで見て欲しい。総合効率モデル[日本語版注:Well-to-Wheel efficiency model、「一次エネルギーの採掘から車両走行にまでの効率を総合的に考慮したモデル」の意]に従ったというBrammo社の基準が正しいなら、燃料の発熱量あたりの燃費で比較した場合、Enertiaは普通車の約9倍、トヨタのハイブリッド車『プリウス』の4倍、米Tesla Motors社が発売を予定している電気自動車『Tesla Roadster』の2倍、効率的ということになる...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)



スポンサーサイト
12:07  |  周辺機器  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pcmylife.blog98.fc2.com/tb.php/710-b50cbab0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。