2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2007.07.23(Mon)

Linux MPXマルチタッチテーブルはMS Surfaceの代わりになれる?

B'sRecorderGOLD7_Retail(ソースネクスト・DVD -R DL対応)
マイクロソフト「Surface」やジェフ・ハン氏のデモの華やかさはないんですけど、この分野がフルスピードで底上げに進化していることが分かる動画。Linuxベースの「MPXマルチタッチテーブル」のデモです。

【動画】

開発を手掛けたピーター・ハッテラー(Peter Hutterer)さんに米ギズモードが先日、本プロジェクトの背景、iPhone、猫も杓子もマルチタッチな最近の熱狂をどう思うかズバリ! 尋ねてみました。

-----

●解説

MPXは「Multi-Pointer X」の略です。X Windowsサーバーに修正を加え、複数同時点入力の端末が同時に使えるようにしました。普通のコンピュータ+キーボード(何台でもOK)+マウス(複数)で使います。

当システムではユーザー複数が、アプリを単体か複数同時に動かすことが可能。ソフトはまだ開発中で、ピーターさんの話ではまだ要修正なバグが死ぬほどあるそうです。でも、大体どんなことができるかは動画で想像がつくと思います。

MPX可能なLinuxのシステムを三菱研究所のディスプレイテーブル「DiamondTouch」に繋ぐと物事は俄然おもしろくなります。マイクロソフト「Surface」もそうですが、三菱の「DiamondTouch」もやはり「小さなグループのコラボが可能な複数ユーザー、破砕に強い、タッチ&ジェスチャー認識スクリーン」ですね。

「DiamondTouch」で採用した技術はマイクロソフトの「TouchLight」や、ハン氏の「FITRハードウェア」とは異なりますが、結果はベターと言っていいぐらいで、MPX-DiamondTouchのコンビネーションではユニークユーザー4人まで動きを認識できるんです...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



スポンサーサイト
12:46  |  周辺機器  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pcmylife.blog98.fc2.com/tb.php/713-603f8b21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。