2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2007.09.06(Thu)

自作パソコン入門(1)“予算5万円”でも高性能

◆美品!!◆怪物!!Cel-M!!◆WinXP搭載!!◆DVDマルチ【CD+DVD書き込めます!!◆DVD見れます!!】◆...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070904-00000096-san-soci
 ■プラモデル感覚で簡単に「自分仕様」

 「パソコンの自作」というと、一部マニアの世界と思われがちだが、各種パーツの普及で、ずいぶん身近で手軽になってきた。ハウツー本も多数出版され、「やる気」さえあれば、初心者でもチャレンジできる時代になっている。自作のいいところはメーカーのパソコンを買うより、格安に組み上げることができる点。そこで、今回から「ハードウエア予算5万円の激安パソコン作りに挑戦!」と題して、パソコンの自作ガイドをお届けする。(藤原佳通)

 今やオフィスや家庭で欠かすことのできないパソコンだが、大きく分けて2種類ある。一つはNEC、富士通などのメーカー製パソコン。そして、もう一つが、ホワイトボックスともいわれる、自作パソコンだ。

 メーカー製のパソコンとは、メーカーがパーツを選んで、Windows、ソフトをインストール、テレビチューナーや、CCDカメラなどをあらかじめセットにしている商品。既製品だけに、アフターケアや付属ソフトが充実しており、確かにそれなりのお得感がある。

 ただ、既製品ゆえ、CPU、メモリーなどアップグレードできる範囲が極めて限られる。このため、アップグレードを考えた場合、結局は本体ごと買い替えざるをえなくなってくる。

 その点、自作パソコンはアップグレードがしやすく、パーツの流用範囲も広い。つまり、長期的にみると、はるかに経済的ということになる...

ニュースの続きを読む



スポンサーサイト
04:16  |  周辺機器  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pcmylife.blog98.fc2.com/tb.php/834-b6df6cf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。